*

壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)

翌日、病院の先生から電話があり、話したいことがあるので、なるべく家族全員に来てほしい、とのことでした。

昨日と同じ面会室に入り、先生の説明を聞きました。

「昨日は、右手がグローブみたいに腫れあがって蜂窩織炎の可能性があると言いましたが、あれから、腫れがひどくなり、右腕全体に広がったんです。」

そういって、パソコンを開き、義母の右腕の部分の写真をみせてくれました。

「切開してないのでわからないですが、この分だと、右腕の筋肉の部分が死んでしまってる可能性が高いんですよね。
病名としては、壊死性筋膜炎が疑われます。
昨日一日で、右手、今日一日で右腕全体と急に進行しているので、このままほうっておくと、胸から心臓にかけてウイルスがうつって、壊死するかもしれないんです。
それを防ぐには、今まだ右腕でおさまっている間に、右腕全体を切除するか、右腕を切開して、筋肉の壊死している部分をすべて削除するかですが、筋肉の壊死している部分を削除するというのは、切開して、筋肉を洗い流すような手術になり、残すのは骨と皮だけになるんです。
なので、残ったとしても、右腕を使える保障はないです。
それに、高齢なので、手術中に他の臓器で何かおきてしまう場合もあるし、どっちにしても、命の危険のある大手術になります。」

またまた聞きなれない病名を言われました。

壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)とは、
皮下脂肪組織と固有筋膜の間にある浅層筋膜の細菌性炎症で組織壊死を引き起こす嫌気性菌が原因の感染症の一つ。発症は緩やかであるが急速に進行し重篤な状態となり致死率は高い。(wikipediaより)

つまり医師の説明によると、蜂窩織炎ならば抗生剤で徐々に治っていくはずだったけど、壊死性筋膜炎の場合、進行が早いと命に係わる時期が早く来るので、すぐに決断しなくてはいけない、ということでした。

わたしは、義姉、義姉の旦那、わたしの旦那といっしょに話し合うことになりました。

「本人はなんて言ってるんですか?」と旦那
 
そう、義母は認知もなく、意識的にはいたって元気なのです。

医師「本人にはまだ話してないですが、話してみましょうか」

ということで、みんなで義母の病室に行く。

「忙しいのに来てくれてありがとう」

と、わたしたちにはっきり言ってる義母

医師の説明を聞いて、手術するしか方法がないと思ったらしく、

「手術か、しょうがないな。やるしかないんやったらしょうがない。」

と言ってます。

またまた、4人で話し合うことに・・・

旦那「手術する覚悟が出来ているなら、やるしかないんちゃうか」

わたし「もし、片腕がなくなってしまったら、今までひとり暮らしだったのが、もう無理ですよね」

医師「腕を切っても切らなくても、どこまで治るかわからないので、ひとり暮らしは無理でしょうね」

義姉「手術して、どうなるかってこと、本人がどこまでわかってるかもわからないし、今更この年になって片腕で生きていくというのも・・・
もうこのまま手術しないで様子みたほうがいいんじゃないかな」

義姉の言葉に、わたしたちはみんなうなずきました。
もし、このまま進行して、危篤状態になったとしても、
手術してひとりで何もできないまま生きていくのは、今まで何でもひとりでやってきた義母にとってはつらいはず。

わたしたちの決断に、医師もうなずきました。

「わかりました。じゃぁ、手術はしないということで、どこまでもつかわかりませんが、抗生剤の治療でがんばってみましょう」

そして、わたしたちは病院をあとにして、わたしは、息子たちに、義母がいつまでもつかわからないので、覚悟しておいてね、とメールをしました。

PR

↓励みになります。よかったら応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へにほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 グルメブログへ




関連記事

相続の手続き~年金編

未支給年金請求の手続き 亡くなった母の手続き、まだ残っていました。 未支給年金請求の手続きで

記事を読む

父へ、母へ

仏教の世界では、四十九日までは、今界と霊界の間をさまよっていて、四十九日で霊界へ向かい始めるのだ

記事を読む

お彼岸のお参り~四天王寺~一心寺

お彼岸のお参りに行ってきました。 四天王寺へ 経木に戒名を書いて、読経してもらい

記事を読む

義母のこと、腰の痛み

大学病院の診察をうけ、レントゲンの異常なし、後頭部の治療を終えて、抜糸はかかりつけの整形外科にお願い

記事を読む

お通夜、告別式

★お葬式の種類、家族葬? 母は最近になってわたしの家の近くへ引っ越してきたので、引っ越して

記事を読む

no image

ブログはじめました

アラカン(アラウンド還暦)の主婦です。 子育てもひと段落、もう一度、自分のために輝いて生きたい

記事を読む

義母の緑内障診断

86才になる義母はお医者さんから病気のデパートと言われています。 呼吸器科、整形外科、耳鼻科、

記事を読む

脊柱管狭窄症の手術は無事成功しました

手術は成功して、麻酔から覚めたあとも認知症を発症することもなく、しっかりとわたしたちと会話することが

記事を読む

母の日に

母の日に、息子がカーネーションを届けてくれました。 こういうことができるようになっ

記事を読む

義母のこと、トイレで転倒

医者から、少ししか眠れないから新しい睡眠剤に変えましょう って言われたってことは、強めの睡眠剤

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PR

no image
奇跡の回復力

担当医の話のあと、わたしたちはいつ病院から呼び出しがあってもいい覚悟

no image
壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)

翌日、病院の先生から電話があり、話したいことがあるので、なるべく家族

no image
蜂窩織炎(ほうかしきえん)

翌日、病院に行ったら担当の先生から説明があるとのこと コロナウ

no image
コロナウイルス??インフルエンザ??

3月の初旬、義母がいつもお願いしているタクシーの運転手さんから電話が

呼吸器内科へ

口腔内科の先生に言われて、月一回通っている主治医の呼吸器内科の先生に

→もっと見る

PAGE TOP ↑