*

呼吸器内科へ

公開日: : 最終更新日:2020/01/10 介護, 家族について, 病院, 義母のこと , ,

口腔内科の先生に言われて、月一回通っている主治医の呼吸器内科の先生に、薬を減らすように、言われたことを話しました。

呼吸器内科の先生いわく、薬を減らそうと思っていましたが、何から減らそうか迷っていました、と言われました。

義母の呼吸器内科への通院は、もう20年以上になります。

大規模な総合病院なので、通院中に何度か主治医が変わり、今の先生は、40才ぐらい。

医者の40才ぐらいというのは若い方なので、年配の先生から引き継がれてきた薬を減らすのは勇気のいることらしいです。

その上、脊柱管狭窄症の手術のあと入院していたリハビリ病院で、薬が変更され、入院前より増えていいました。

呼吸器内科の先生と相談した結果、毎食後飲んでいた痛み止めの薬を、頓服用として、痛みを感じたときにだけ飲むようにして、毎晩飲んでいた睡眠薬も、眠れないときにだけ飲むことになりました。

そして、数週間後、口腔内科に行くと、以前より口の中がきれいになっているとのこと。

口の中は口内炎ではなく、入れ歯のかみ合わせが悪くてあっていないからだ、ということで、治療を始めることになりました。

PR

↓励みになります。よかったら応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へにほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 グルメブログへ




関連記事

母の日に

母の日に、息子がカーネーションを届けてくれました。 こういうことができるようになっ

記事を読む

no image

季節の変わり目の84才

義母は現在84才です。 我が家から徒歩3分のところでひとりで暮らしています ぜんそくの持病持

記事を読む

no image

後悔

母は霊安室へ連れていかれました。 わたしは、いったい何をすればいいのかわからず・・・ とりあ

記事を読む

no image

壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)

翌日、病院の先生から電話があり、話したいことがあるので、なるべく家族全員に来てほしい、とのことでし

記事を読む

脊柱管狭窄症

検査入院した翌日、義母はMRIを受けました。 その日の夕方、医者から説明がありました。

記事を読む

脊柱管狭窄症の手術は無事成功しました

手術は成功して、麻酔から覚めたあとも認知症を発症することもなく、しっかりとわたしたちと会話することが

記事を読む

義母の緑内障診断

86才になる義母はお医者さんから病気のデパートと言われています。 呼吸器科、整形外科、耳鼻科、

記事を読む

義母のこと、腰の痛み

大学病院の診察をうけ、レントゲンの異常なし、後頭部の治療を終えて、抜糸はかかりつけの整形外科にお願い

記事を読む

no image

蜂窩織炎(ほうかしきえん)

翌日、病院に行ったら担当の先生から説明があるとのこと コロナウイルスの関係で、病室には入れな

記事を読む

遺品整理

遺品整理は、現在進行形です。 今は遺品整理を引き受けてくれる業者もありますが、かなり高いです。

記事を読む

PR

PR

no image
奇跡の回復力

担当医の話のあと、わたしたちはいつ病院から呼び出しがあってもいい覚悟

no image
壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)

翌日、病院の先生から電話があり、話したいことがあるので、なるべく家族

no image
蜂窩織炎(ほうかしきえん)

翌日、病院に行ったら担当の先生から説明があるとのこと コロナウ

no image
コロナウイルス??インフルエンザ??

3月の初旬、義母がいつもお願いしているタクシーの運転手さんから電話が

呼吸器内科へ

口腔内科の先生に言われて、月一回通っている主治医の呼吸器内科の先生に

→もっと見る

PAGE TOP ↑