*

「 介護 」 一覧

奇跡の回復力

担当医の話のあと、わたしたちはいつ病院から呼び出しがあってもいい覚悟をして、日々を過ごしていました。 2~3日しかもたないと言われてから、4日経ち、病院から何の連絡もなかったのですが、5日目、

続きを見る

壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)

翌日、病院の先生から電話があり、話したいことがあるので、なるべく家族全員に来てほしい、とのことでした。 昨日と同じ面会室に入り、先生の説明を聞きました。 「昨日は、右手がグローブみたいに

続きを見る

蜂窩織炎(ほうかしきえん)

翌日、病院に行ったら担当の先生から説明があるとのこと コロナウイルスの関係で、病室には入れないので、面会室で説明を受けることになりました。 先生がノートパソコンを持ち出し、写真を見せてく

続きを見る

コロナウイルス??インフルエンザ??

3月の初旬、義母がいつもお願いしているタクシーの運転手さんから電話がありました。 出ると、病院に行く予約をしている時間で家に来ているけど、出てこない、と付き添いに行くのは義姉の予定だったので、

続きを見る

呼吸器内科へ

口腔内科の先生に言われて、月一回通っている主治医の呼吸器内科の先生に、薬を減らすように、言われたことを話しました。 呼吸器内科の先生いわく、薬を減らそうと思っていましたが、何から減らそうか迷っ

続きを見る

口腔内歯科へ

義母は最近、口の中に口内炎ができて、食べるときに触って痛いといってました。 口内炎のための薬、ケナログを塗っていたのですが、それでも治らないので、病院へ行くことにしました。 唇の横にでき

続きを見る

頸椎症保護ベルト

レントゲンの結果、首の骨にゆがみがあるとのことでした、 やはり、長年重い頭を支えている首は、なかなか耐えられず、ゆがんでくるのだそうです。 若いころは、頭を首が支えるなんて、改めて実感しなくても当

続きを見る

加齢による頸椎症

義母は2か月のリハビリのあと、無事退院しました。 退院したての頃は、体力回復がまだまだで、少しずつ家の中で動くようにしていましたが、 だんだん元通りに動けるようになってきました。 ただ、リハビリ中

続きを見る

脊柱管狭窄症の手術は無事成功しました

手術は成功して、麻酔から覚めたあとも認知症を発症することもなく、しっかりとわたしたちと会話することができました。 集中治療室からは一晩あけた朝に移動し、その日は手術のあとが痛むため、寝たままの流動食

続きを見る

脊柱管狭窄症

検査入院した翌日、義母はMRIを受けました。 その日の夕方、医者から説明がありました。 病名は、脊柱管狭窄症とのこと 脊柱管狭窄症とは? 脊柱管とは、背骨の中の空洞のことで、脊柱管

続きを見る

PR

PR

インフィオラータこうべ 2016

パソコンの写真整理のために、過去の画像をアップします インフィ

no image
奇跡の回復力

担当医の話のあと、わたしたちはいつ病院から呼び出しがあってもいい覚悟

no image
壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)

翌日、病院の先生から電話があり、話したいことがあるので、なるべく家族

no image
蜂窩織炎(ほうかしきえん)

翌日、病院に行ったら担当の先生から説明があるとのこと コロナウ

no image
コロナウイルス??インフルエンザ??

3月の初旬、義母がいつもお願いしているタクシーの運転手さんから電話が

→もっと見る

PAGE TOP ↑