*

蜂窩織炎(ほうかしきえん)

公開日: : 最終更新日:2021/02/03 介護, 家族について, 病院, 義母のこと , ,

翌日、病院に行ったら担当の先生から説明があるとのこと

コロナウイルスの関係で、病室には入れないので、面会室で説明を受けることになりました。

先生がノートパソコンを持ち出し、写真を見せてくれました。

それは、義母の右手が、グローブのように腫れあがった写真でした。

「今、抗生剤の点滴を続けていて、熱は38度に下がったんですが、右手がこんなに腫れあがったんです。
最初、親指が痛いというので、みたら、腫れていたんですが、それが数時間の間に右手全体に広がったんです。」

義姉と顔をみあわせました。

「そういえば、親指がさかむけして痛いって言ってたよね」

そう、親指の爪のあたりがさかむけして、痛いといって、皮膚科でもらった薬を塗っていたんです。

義母は痛いとこだらけで、口の中は口内炎、唇のあたりも荒れていて、皮膚科でもらった薬をあちこちに塗っていたので、親指の爪のさかむけといっても、そんなに気にしていませんでした。

そのことを先生に話すと、

「年齢を重ねると、体中の水分が減ってきますからね。
皮膚のあちこちが乾燥して、肌荒れやささくれもできやすいんです。
おそらく、親指からウイルスが入ったのでしょう。
切開してみないとわからないですが、おそらく蜂窩織炎だと思われます。」

蜂窩織炎(ほうかしきえん)、初めて聞く言葉でした。

蜂窩織炎とは、皮膚および皮下組織に生じる急性細菌感染症で、主にレンサ球菌やブドウ球菌が原因になることが多い
症状としては、患部の皮膚に発赤、痛み、圧痛がみられたり、発熱や悪寒が生じる
治療は、抗菌剤を用いる

個室にいるため、特別に面会を許可していただきました。義母に会うと、意識はしっかりしていて、わたしたちと普通に会話できました。

そして、手がすれるだけで痛い、痛いと言ってました。

しばらく、抗生剤の点滴で様子を見ましょうと言われ、帰ってきました、

PR

↓励みになります。よかったら応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へにほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 グルメブログへ




関連記事

遺品整理~マンションの引き上げ

  久々の更新です。 母が住んでいたマンションを、3月末で引き揚げました。

記事を読む

脊柱管狭窄症の手術は無事成功しました

手術は成功して、麻酔から覚めたあとも認知症を発症することもなく、しっかりとわたしたちと会話することが

記事を読む

お彼岸のお参り~四天王寺~一心寺

お彼岸のお参りに行ってきました。 四天王寺へ 経木に戒名を書いて、読経してもらい

記事を読む

頸椎症保護ベルト

レントゲンの結果、首の骨にゆがみがあるとのことでした、 やはり、長年重い頭を支えている首は、なかな

記事を読む

脊柱管狭窄症の手術

義母は、血圧や心電図、麻酔テストなどの検査を受け、全身麻酔で、呼吸のチューブを通しての手術をすること

記事を読む

義母のこと、腰の痛み

大学病院の診察をうけ、レントゲンの異常なし、後頭部の治療を終えて、抜糸はかかりつけの整形外科にお願い

記事を読む

義母のこと、腰のMRI

金曜日、大学病院へ行くと、かかりつけの整形外科の医師がMRIの予約をしてくださっているのかと思えば、

記事を読む

脊柱管狭窄症

検査入院した翌日、義母はMRIを受けました。 その日の夕方、医者から説明がありました。

記事を読む

相続の手続き~年金編

未支給年金請求の手続き 亡くなった母の手続き、まだ残っていました。 未支給年金請求の手続きで

記事を読む

母の三回忌法要

先日、母の三回忌法要を行いました。 家族だけのひっそりとした法要にしました。 我が家は浄

記事を読む

PR

PR

インフィオラータこうべ 2016

パソコンの写真整理のために、過去の画像をアップします インフィ

no image
奇跡の回復力

担当医の話のあと、わたしたちはいつ病院から呼び出しがあってもいい覚悟

no image
壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)

翌日、病院の先生から電話があり、話したいことがあるので、なるべく家族

no image
蜂窩織炎(ほうかしきえん)

翌日、病院に行ったら担当の先生から説明があるとのこと コロナウ

no image
コロナウイルス??インフルエンザ??

3月の初旬、義母がいつもお願いしているタクシーの運転手さんから電話が

→もっと見る

PAGE TOP ↑