*

蜂窩織炎(ほうかしきえん)

公開日: : 最終更新日:2021/02/03 介護, 家族について, 病院, 義母のこと , ,

翌日、病院に行ったら担当の先生から説明があるとのこと

コロナウイルスの関係で、病室には入れないので、面会室で説明を受けることになりました。

先生がノートパソコンを持ち出し、写真を見せてくれました。

それは、義母の右手が、グローブのように腫れあがった写真でした。

「今、抗生剤の点滴を続けていて、熱は38度に下がったんですが、右手がこんなに腫れあがったんです。
最初、親指が痛いというので、みたら、腫れていたんですが、それが数時間の間に右手全体に広がったんです。」

義姉と顔をみあわせました。

「そういえば、親指がさかむけして痛いって言ってたよね」

そう、親指の爪のあたりがさかむけして、痛いといって、皮膚科でもらった薬を塗っていたんです。

義母は痛いとこだらけで、口の中は口内炎、唇のあたりも荒れていて、皮膚科でもらった薬をあちこちに塗っていたので、親指の爪のさかむけといっても、そんなに気にしていませんでした。

そのことを先生に話すと、

「年齢を重ねると、体中の水分が減ってきますからね。
皮膚のあちこちが乾燥して、肌荒れやささくれもできやすいんです。
おそらく、親指からウイルスが入ったのでしょう。
切開してみないとわからないですが、おそらく蜂窩織炎だと思われます。」

蜂窩織炎(ほうかしきえん)、初めて聞く言葉でした。

蜂窩織炎とは、皮膚および皮下組織に生じる急性細菌感染症で、主にレンサ球菌やブドウ球菌が原因になることが多い
症状としては、患部の皮膚に発赤、痛み、圧痛がみられたり、発熱や悪寒が生じる
治療は、抗菌剤を用いる

個室にいるため、特別に面会を許可していただきました。義母に会うと、意識はしっかりしていて、わたしたちと普通に会話できました。

そして、手がすれるだけで痛い、痛いと言ってました。

しばらく、抗生剤の点滴で様子を見ましょうと言われ、帰ってきました、

PR

↓励みになります。よかったら応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へにほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 グルメブログへ




関連記事

義母のこと、腰の激痛

夜、また義母から連絡がありました。 トイレに行きたいけど、腰が痛くて寝がえりもうてない状態なの

記事を読む

口腔内歯科へ

義母は最近、口の中に口内炎ができて、食べるときに触って痛いといってました。 口内炎のための薬

記事を読む

義母の最期

病院に呼ばれ、説明を受けてから数日後、病院から電話があり、未明になくなりました、とのこと 覚

記事を読む

no image

後悔

母は霊安室へ連れていかれました。 わたしは、いったい何をすればいいのかわからず・・・ とりあ

記事を読む

母の日に

母の日に、息子がカーネーションを届けてくれました。 こういうことができるようになっ

記事を読む

義母のこと、繰上法要

病院で最期を見届け、義母はきれいにしてもらってから、予定していた葬儀場へ連れていきました。

記事を読む

葬儀の準備~葬儀社選び

ぼーっとしているわたしに、義姉が、 「葬儀屋さんに連絡した? お寺さんはもう決まってるの?」 と

記事を読む

脊柱管狭窄症の手術

義母は、血圧や心電図、麻酔テストなどの検査を受け、全身麻酔で、呼吸のチューブを通しての手術をすること

記事を読む

お彼岸のお墓参り~父のいたずら

お彼岸のお墓参りに行ってきました 今回は墓標に母の名前を彫ってもらうために、石材店に行かな

記事を読む

加齢による頸椎症

義母は2か月のリハビリのあと、無事退院しました。 退院したての頃は、体力回復がまだまだで、少しずつ

記事を読む

PR

PR

義母のこと、繰上法要

病院で最期を見届け、義母はきれいにしてもらってから、予定していた葬儀

義母の最期

病院に呼ばれ、説明を受けてから数日後、病院から電話があり、未明になく

義母のこと、緊急入院

義母は、あまりしゃべらなくなり、声を出す回数が減ってきて、喉が狭くな

義母のこと、その後

奇跡の回復をとげた義母は、リハビリを続けました。 しかし、右手

インフィオラータこうべ 2016

パソコンの写真整理のために、過去の画像をアップします インフィ

→もっと見る

PAGE TOP ↑