*

コロナウイルス??インフルエンザ??

公開日: : 最終更新日:2020/04/11 介護, 家族について, 義母のこと , ,

3月の初旬、義母がいつもお願いしているタクシーの運転手さんから電話がありました。

出ると、病院に行く予約をしている時間で家に来ているけど、出てこない、と
付き添いに行くのは義姉の予定だったので、義姉に連絡すると、義母とは病院の玄関前で待ち合わせの予定で、そこまではタクシーの運転手さんにお任せしているとのこと。
まだ来ないな、と思っていたところだ、と言われました。

嫌な予感がして、義母の家に入ってみると、玄関は閉まっていて、中の電気がついていました。

「お母さん」

って呼んでみても、中から返事がありません。

部屋に入ってみると、ベッドから落ちて、あおむけに倒れていました。

「おかあさん!」と声かけたら目をパチパチしながら「おきられへん」
と言いました。

しゃべれるってことに安心して、
身体を起こすのを手伝ったら、とりあえず座ることができました。

「電話をとろうと思ったら、身体がいうこときかなくて、ベッドから落ちた」

とのこと。

「救急車呼びましょうか?」
とわたしが言うと、

「こんな状態で救急車呼んだら迷惑がかかる」

というので、

とりあえず、かかりつけの病院に連絡して、救急対応していただけることになり、
いつものタクシーの運転手さんに電話して、乗せていっていただきました。

救急センターに到着して、車椅子で診察室に入りました。

しばらく待ってくださいと言われ、熱を計ると、

なんと、39度!

看護師さんもビックリして、急きょベッドに寝かせることに

「今からいろいろ検査しますので、お待ちください」

と、わたしは待合室で待つことになりました。

コロナウイルスや、インフルエンザ、いろんな病気が疑われることから、検査をした結果、

インフルエンザは陰性、コロナウイルスは、肺のレントゲンをとったところ、キレイなので、おそらく違うだろうと、PCR検査はしていただけませんでした。

原因不明なまま、高齢ということもあり、点滴をしながら、とりあえず、入院することになりました。

PR

↓励みになります。よかったら応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へにほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 グルメブログへ




関連記事

加齢による頸椎症

義母は2か月のリハビリのあと、無事退院しました。 退院したての頃は、体力回復がまだまだで、少し

記事を読む

脊柱管狭窄症の手術

義母は、血圧や心電図、麻酔テストなどの検査を受け、全身麻酔で、呼吸のチューブを通しての手術をすること

記事を読む

呼吸器内科へ

口腔内科の先生に言われて、月一回通っている主治医の呼吸器内科の先生に、薬を減らすように、言われたこ

記事を読む

相続の手続き~銀行編

葬儀が終わって、ゆっくりする暇もなく、手続きに走り回りました。 人ひとり亡くなるって、こんなに

記事を読む

相続の手続き~役所編

この手続きは、とめるだけなので、銀行関係の手続きが終わってからにしても大丈夫でした。 父が亡く

記事を読む

義母の介護認定調査

義母の介護認定調査 早いもので、もう一年が経つんですよね 今年も義母の介護認定調査の時期

記事を読む

脊柱管狭窄症の手術は無事成功しました

手術は成功して、麻酔から覚めたあとも認知症を発症することもなく、しっかりとわたしたちと会話することが

記事を読む

四十九日法要の準備

銀行や役所の手続きと同時進行でやらなきゃいけないのがこ四十九日法要の準備です。 この時期、毎週

記事を読む

義母のこと、トイレで転倒

医者から、少ししか眠れないから新しい睡眠剤に変えましょう って言われたってことは、強めの睡眠剤

記事を読む

義母の介護認定調査

義母の介護認定調査 わたしにとって親と呼べる人は、義母のみになりました。 まぁ、年齢といえば

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PR

no image
奇跡の回復力

担当医の話のあと、わたしたちはいつ病院から呼び出しがあってもいい覚悟

no image
壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)

翌日、病院の先生から電話があり、話したいことがあるので、なるべく家族

no image
蜂窩織炎(ほうかしきえん)

翌日、病院に行ったら担当の先生から説明があるとのこと コロナウ

no image
コロナウイルス??インフルエンザ??

3月の初旬、義母がいつもお願いしているタクシーの運転手さんから電話が

呼吸器内科へ

口腔内科の先生に言われて、月一回通っている主治医の呼吸器内科の先生に

→もっと見る

PAGE TOP ↑