*

脊柱管狭窄症の手術は無事成功しました

手術は成功して、麻酔から覚めたあとも認知症を発症することもなく、しっかりとわたしたちと会話することができました。 集中治療室からは一晩あけた朝に移動し、その日は手術のあとが痛むため、寝たままの流動食

続きを見る

脊柱管狭窄症の手術

義母は、血圧や心電図、麻酔テストなどの検査を受け、全身麻酔で、呼吸のチューブを通しての手術をすることになりました。 事前の説明では、脊柱管の中を掃除する形になるので、手術そのものは大変なものではない

続きを見る

脊柱管狭窄症

検査入院した翌日、義母はMRIを受けました。 その日の夕方、医者から説明がありました。 病名は、脊柱管狭窄症とのこと 脊柱管狭窄症とは? 脊柱管とは、背骨の中の空洞のことで、脊柱管

続きを見る

義母のこと、腰のMRI

金曜日、大学病院へ行くと、かかりつけの整形外科の医師がMRIの予約をしてくださっているのかと思えば、そうではなく、整形外科の予約をしてくださっていたのでした。 外来で診察を受け、義母の症状を説明する

続きを見る

義母のこと、腰の激痛

2018/05/10 | 介護, 義母のこと

夜、また義母から連絡がありました。 トイレに行きたいけど、腰が痛くて寝がえりもうてない状態なので、連れてってほしい、と わたしは、義母の体を起こし、支えながらトイレについていきました。

続きを見る

義母のこと、腰の痛み

大学病院の診察をうけ、レントゲンの異常なし、後頭部の治療を終えて、抜糸はかかりつけの整形外科にお願いすることになりました。 転倒から2、3日たち、義母は、腰が痛いといいだしました。 転んだ

続きを見る

義母のこと、トイレで転倒

医者から、少ししか眠れないから新しい睡眠剤に変えましょう って言われたってことは、強めの睡眠剤なのかな?って思ってたのですが、 まぁ、高齢者だし、それほど強いものではないんだろうなって思ってい

続きを見る

義母のこと、睡眠剤

義母の頻尿は続いていました。 膀胱訓練をするように言われても、なかなかうまくいかず、特に夜は1時間ごとにトイレに行きたくなるようで、我慢できず、熟睡できないので、医者から睡眠剤を処方されました。

続きを見る

義母のこと、頻尿

86才の義母は、頻尿に悩まされています。 起きている昼間は2~3時間ぐらいもつのですが、夜は1時間ごとにトイレに行きたくなります。 冷えから来るのかと思い、部屋の温度を26度に保ち、腰にカ

続きを見る

義母の緑内障診断

86才になる義母はお医者さんから病気のデパートと言われています。 呼吸器科、整形外科、耳鼻科、皮膚科、眼科と、毎日のように病院通いをしています。 眼科は、70歳代のときに白内障の手術をして

続きを見る

PR

インフィオラータこうべ 2016

パソコンの写真整理のために、過去の画像をアップします インフィ

no image
奇跡の回復力

担当医の話のあと、わたしたちはいつ病院から呼び出しがあってもいい覚悟

no image
壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)

翌日、病院の先生から電話があり、話したいことがあるので、なるべく家族

no image
蜂窩織炎(ほうかしきえん)

翌日、病院に行ったら担当の先生から説明があるとのこと コロナウ

no image
コロナウイルス??インフルエンザ??

3月の初旬、義母がいつもお願いしているタクシーの運転手さんから電話が

→もっと見る

PAGE TOP ↑